熱測定
Online ISSN : 1884-1899
Print ISSN : 0386-2615
ISSN-L : 0386-2615
小さなタンパク質の構造相転移を解析する
本田 真也
著者情報
ジャーナル フリー

2005 年 32 巻 4 号 p. 169-177

詳細
抄録

小さなタンパク質の構造相転移を評価するための解析手法に関して解説する。まず,タンパク質の研究における熱測定の重要性について概説する。ついで,タンパク質の構造相転移の解析法としては定法となっているマイクロDSC分析が,タンパク質のサイズが小さくなると解析困難になる状況を説明する。そして,この問題を克服するために行った,ケモメトリックスを利用した分光学的分析とNMRによる原子レベルの分析について紹介する。最後に,これらの解析から得られた熱力学的結果の意味について考察する。

著者関連情報
© 日本熱測定学会
前の記事 次の記事
feedback
Top