Cardiovascular Anesthesia
Online ISSN : 1884-7439
Print ISSN : 1342-9132
ISSN-L : 1342-9132
原著
心臓血管外科術後急性期に行った負荷輸液の後方視的検討—HES130/0.4と5%アルブミンの比較—
大村 和也星野 哲也木村 慎一高橋 宏行
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 21 巻 1 号 p. 145-150

詳細
抄録

 【目的】

 心臓外科の周術期管理において,最適な輸液戦略は確立していない。HES 130/0.4が5%アルブミン製剤の代替薬として安全に使用できるか検討した。

【方法・結果】

 2014年4月1日から2015年3月31日までにICUに予定入室した非透析患者の心臓外科症例のうち,入室後に負荷を必要としなかった症例とアルブミン製剤もしくはHES製剤による輸液負荷を要した症例88例を対象とした。負荷なし群,HES群,5%アルブミン群にわけ,後方視的に検討した。3群間で手術当日の水分バランス,腎障害の有無,ICU入室期間,入院期間に差を認めなかった。

【結論】

 心臓外科術後の輸液戦略において,HESはアルブミンと同等に使用できると考える。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本心臓血管麻酔学会
前の記事
feedback
Top