Cardiovascular Anesthesia
Online ISSN : 1884-7439
Print ISSN : 1342-9132
ISSN-L : 1342-9132
症例報告
巨大心臓腫瘍に対する経静脈的ペースメーカー植え込み術において,経食道心エコーが術中麻酔管理とリード留置に有用であった一例
高倉 将司佐藤 威仁藤井 祐竹田 道宏西脇 公俊
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 24 巻 1 号 p. 173-177

詳細
抄録

 今回,巨大な心臓原発性悪性リンパ腫の患者に対し経静脈的ペースメーカー植え込み術の麻酔管理を経食道心エコー(TEE)を用いて,ペーシングリードをエコー下に誘導することで安全に行いえた症例を経験したため報告する。症例は70歳代男性。右心系を占拠する巨大な心臓原発性悪性リンパ腫と診断された。経過中にⅢ度房室ブロックをきたしたため全身麻酔下でのペースメーカー留置術を施行された。循環虚脱に備え体外循環のスタンバイを行った上で慎重に麻酔導入を行った。術中ペーシングリードの位置決めに際して透視下のみでは適切な位置に誘導することが困難だったが,同時にTEEを併用する事で誘導が可能であり有用性が高かった。

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 日本心臓血管麻酔学会
前の記事 次の記事
feedback
Top