日本透析医学会雑誌
Online ISSN : 1883-082X
Print ISSN : 1340-3451
ISSN-L : 1340-3451
原著
炭酸ランタン水和物がMRIに及ぼす影響
山室 修宮地 利明
著者情報
ジャーナル フリー

2017 年 50 巻 6 号 p. 401-406

詳細
抄録

リンの吸収阻害作用を有する炭酸ランタン水和物は, 腸間膜リンパ節や胃粘膜, 骨への沈着の報告がある. ランタンは磁気共鳴画像 (MRI) の主な造影剤である常磁性金属のガドリニウムと同じランタノイド族であるが, MRIに及ぼす影響については完全に明らかにされていない. 1.5 Tと3.0 TのMRIにおいて, 0, 0.001, 0.003, 0.01, 0.03, 0.1, 0.3および1.0mol/Lの炭酸ランタン水和物を, スピンエコー法とグラディエントエコー法を使用して撮像した. 取得したMRIのアーチファクトを評価するとともに, 1/T1, 1/T2, 1/T2*を求めた. 炭酸ランタン水和物によるアーチファクトは, すべての実験条件において認められなかった. 1.5 T, 3.0 Tともに炭酸ランタン水和物濃度は1/T2, 1/T2*に相関したが (p<0.05), 1/T1の違いはわずかであった. 炭酸ランタン水和物によってT2およびT2*が短縮するため, 一定濃度以上になれば信号強度を低下させるがT1に影響しない.

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本透析医学会
前の記事 次の記事
feedback
Top