魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
ISSN-L : 0388-788X
論文
日本の海産養殖魚で発生した新血清型Lactococcus garvieae感染症
南 隆之吉田 照豊西木 一生
著者情報
ジャーナル 認証あり

2023 年 58 巻 4 号 p. 146-152

詳細
抄録

Lactococcus garvieaeⅠ型およびⅡ型を含む市販の混合ワクチンを投与した宮崎県の養殖カンパチで,2021年8月からL. garvieae感染症に類似した症状を呈する疾病が確認されるようになった。分離された菌株は,L. garvieae診断用抗Ⅰ型およびⅡ型血清に対して非凝集性を示し,多遺伝子座配列解析(MLSA)においてL. garvieaeⅠ型に近く,Ⅱ型とは遺伝学的相違性が認められた。同菌株を用いたカンパチに対する腹腔内接種による感染試験では,半数致死濃度は 1.6×103 CFU/FISH未満であった。また,Ⅰ型およびⅡ型の混合ワクチンを接種したカンパチにおいて,今回分離した菌株に対する感染防御効果は認められなかった。一方,今回分離した菌株のホルマリン不活化ワクチンは,同菌株の感染に対して高い防御効果が確認された。以上の結果から,今回分離された従来のⅠ型およびⅡ型診断用抗血清に凝集せず,Ⅰ型およびⅡ型ワクチンの効果がない菌株をL. garvieaeⅢ型と呼称することを提案する。

著者関連情報
© 2023 日本魚病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top