魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
ISSN-L : 0388-788X
錦ゴイにおけるEdwardsiella tarda感染の一症例
Darunee SAE-OUI室賀 清邦中井 敏博
著者情報
ジャーナル フリー

1984 年 19 巻 3 号 p. 197-199

詳細
抄録

 1983年の8月末から10月下旬にかけて, 広島県三原市にある個人の庭池で飼育されていた60尾の錦ゴイCyprinus carpioに病気が発生し, そのほとんどが死亡した。魚病の体表および鰭には発赤が認められ, それらの腎臓, 脾臓および肝臓からEdwardsiella tardaが純粋に分離された。それらの分離株は錦ゴイのみならずニホンウナギAnguilla japonicaにも病原性を有することが筋肉内接種により認められた。 以上の結果から, これらの錦ゴイの死亡はE. tarda感染によるものと判断された。今回の症例はコイにおけるエドワジエラ症の最初の報告例と考えられる。

著者関連情報
© 日本魚病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top