魚病研究
Online ISSN : 1881-7335
Print ISSN : 0388-788X
1993年に西日本で発生した養殖クルマエビの大量死 : 病理組織観察
桃山 和夫平岡 三登里中野 平二河邉 博井上 潔大迫 典久
著者情報
ジャーナル フリー

1994 年 29 巻 2 号 p. 141-148

詳細
抄録

 1. 1993年に西日本で発生した養殖クルマエビの大量死に関連して, 自然発症個体, 実験感染個体および輸入直後の採材個体について病理組織観察を行った。2. 自然発症および実験感染個体の間で症状に差は認められず, 両者は同一の疾病であると判断された。3. 病エビの肉眼的主な異常な体色の赤変ないし褪色と外骨格における大きさ数mm以下の白点の形成であった。4. 白点は基本的には外骨格標本の薄い透明層とその直下の外骨格内のやや厚い不透明層とから構成されていた。5. 本疾病の病理組織像は皮下組織をはじめ, 中・外胚葉起源の様々な組織における種々の細胞の核の肥大と無構造化を伴う細胞の変性によって特徴づけられた。6. 本疾病はクルマエビ属エビ類の新しい疾病であると考えられ, その原因としては濾過性病原体が疑われた。7. 中国から輸入翌日に採材されたクルマエビに本疾病の特徴的病理組織像が明瞭に観察され注目された。

著者関連情報
© 日本魚病学会
前の記事 次の記事
feedback
Top