日本消化器がん検診学会雑誌
Online ISSN : 2185-1190
Print ISSN : 1880-7666
ISSN-L : 1880-7666
症例報告
イレウスで診断された便潜血陰性進行直腸癌の1例
斎藤 健一郎宗本 義則高嶋 吉浩天谷 奨飯田 善郎
著者情報
ジャーナル フリー

2015 年 53 巻 4 号 p. 509-513

詳細
抄録

症例は58歳女性。毎年当院で人間ドックを受けており, 便潜血検査は陰性であった。直近の人間ドックは2013年1月で, 便潜血陰性であった。同年7月に腹痛を主訴に当院を受診し, CT検査で直腸癌による腸閉塞と診断された。高度の腹痛を認めたため, 緊急でハルトマン手術を施行した。切除標本の肉眼型は4型, 大きさは50×45mmで, 病理診断はtub2>por2, pT3(ss), ly3, v2, pN2(23/25)であった。造影CTおよびPET-CT検査で多発肝転移を認め, これらは切除不能と判断し, 化学療法を開始したが, 術後13ヵ月で原病死した。定期的な検診を受けていたにも関わらず進行した状態で診断された教訓的な症例であり, 文献的考察を加えて報告する。

著者関連情報
© 2015 一般社団法人 日本消化器がん検診学会
前の記事
feedback
Top