J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

情報知識学会誌
Vol. 21 (2011) No. 2 P 238-244

記事言語:

http://doi.org/10.2964/jsik.21_17

第19 回(2011年度)研究報告会論文集
  • 抄録

日米の公共図書館における電子書籍の利用状況について図書館訪問による実地調査をおこなった. 米国においてはオーディオ書籍提供の長い歴史があり, このルートの上に電子書籍が急速に普及した。2010 年には中都市以上の図書館ではほぼ100% の導入率である. 日本では東京の千代田図書館が2007 年末に先鞭をつけて以来停滞していたが, 2011 年に入り堺市図書館, 萩図書館が相次いで導入し, また鎌倉中央図書館でモニター実験がおこなわれるなど動きが出た. 米国ではOverDrive が主導し, iPad, Kindle などへの対応も始まっている. 日本ではもっぱらWBook システムが用いられている. 今後の課題について議論した.

Copyright © 2011 情報知識学会

記事ツール

この記事を共有