情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
論文
分散的な異なるスキーマに対応したMuseumメタデータ記述言語
秋元 良仁亀山 渉
著者情報
ジャーナル フリー

22 巻 (2012) 1 号 p. 9-22

詳細
PDFをダウンロード (578K) 発行機関連絡先
抄録

本論文は,博物館や美術館間において,収蔵品の属性情報(Museumメタデータ)を共有・交換可能にする新しい記述言語Fuzzy Schema(FS)を提案する. FS言語は,分散環境におけるスキーマ共有を促進するため,独自のデータモデルである「マッピング・パターン」と「あいまい度」の2つの機構を備えている. これらの機構は,分散環境におけるMuseumメタデータに対して,情報の相互互換性を提供することができる. 我々は,FS言語を用いてMuseumメタデータを記述することで,博物館・美術館間でMuseumメタデータの共有・交換が可能になることを示した.

著者関連情報
© 2012 情報知識学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top