情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
「統計処理を用いたオープンデータの述語の推薦手法の提案」
久永 忠範渕田 孝康
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 28 巻 2 号 p. 127-133

詳細
抄録

 近年,多くの行政・団体がオープンデータの公開,活用に取り組んでいるが政府の推進する「機械判読可能で人手を多くかけずにデータの2次利用が可能である」というデータ活用までには至っていない.これらのオープンデータを共通の述語を用いて簡易にRDF 形式に変換できれば、データの連携によるオープンデータの活用が促進される。本研究では、オープンデータとして開示されているデータのRDF[1]形式への変換をするためにWord2Vec[2]というアルゴリズムを活用した述語の自動生成の応用を考えた.オープンデータの各データ項目をベクトル化する述語ベクトル法という統計的処理を用いて項目名にあたる述語の共通化を図り、RDF 形式に変換するための述語の推薦手法の提案をおこなう.

著者関連情報
© 2018 情報知識学会
前の記事 次の記事
feedback
Top