情報知識学会誌
Online ISSN : 1881-7661
Print ISSN : 0917-1436
ISSN-L : 0917-1436
会話文での自称詞と対称詞の出現傾向と役割 -話し言葉と書き言葉での相違から-
村井 源松本 斉子
著者情報
ジャーナル フリー 早期公開

論文ID: 2021_052

詳細
抄録

 本研究では日本語の自称詞,対称詞の表現の多様性に着目し,話し言葉と書き言葉でどのような用いられ方をするか統計的な分析を行った.また,自称詞,対称詞が発話文中で果たす役割を調査するため発話文の語用論的機能を分類し,呼称との関係を分析した.結果として,書き言葉では呼称の頻度が高くまた語彙も豊富であるが,呼称利用のパターンと役割に関しては話し言葉と書き言葉の発話文で大きな違いないことが明らかになった.

著者関連情報
© 2022 情報知識学会
feedback
Top