J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

JSL漢字学習研究会誌
Vol. 7 (2015) p. 29-36

記事言語:

http://doi.org/10.20808/jslk.7.0_29

論文

本研究では,中国人上級日本語学習者に対しての「漢字熟語の日本語読み」の入力方法として,「振り仮名」と「音声」の学習効果を,実験結果と学習者の主観的評価から分析・考察した。その結果,「振り仮名」での入力は「音声」に比べ有意に学習成績が良かった。一方,学習者の自信度においては,入力方法間で有意な差は見られなかった。以上の結果から,中国人日本語学習者に対しての「振り仮名」の有効利用方法を検討する。

Copyright © 2015 著者

記事ツール

この記事を共有