生体医工学
Online ISSN : 1881-4379
Print ISSN : 1347-443X
ISSN-L : 1347-443X
臨床研究法の該当性判断ガイドラインを充実させるために
黒田 知宏櫻井 理紗吉元 俊輔中村 英夫杉町 勝木村 裕一
著者情報
ジャーナル フリー

2020 年 Annual58 巻 Abstract 号 p. 217

詳細
抄録

2018年4月に臨床研究法が施行された。同法は、同法が定義する「臨床研究」に該当する研究について、医師免許保有者に研究の実施を求める法であるため、医師免許を保有しない工学出身の者が多い生体工学研究者を研究活動から遠ざけてしまっている。日本生体医工学会では、生体医工学研究を活性化することを目的に、ある研究が法の定める臨床研究に該当するか否かを判断するためのガイドラインを2019年10月に発出した。ガイドラインは該当性判断機序の概要を示しているが、ガイドライン充実のためには電気刺激、運動支援などの各分野の研究者によって、詳細な判断機序を与えるための別表が作製される必要がある。

著者関連情報
© 2020 社団法人日本生体医工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top