廃棄物資源循環学会研究発表会講演集
第24回廃棄物資源循環学会研究発表会
セッションID: A10-6
会議情報

A10  住民意識・環境教育
多変量解析を用いた家庭系食品廃棄物の排出構造の分析
*半田 拓也福岡 雅子
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

多くの市町村で行っているごみ組成調査は,複数のごみ袋をまとめて展開する方法をとっており,家庭系食品廃棄物の詳細な調査になっていない。家庭系食品廃棄物の排出タイプを把握することで、タイプ別の減量方策・対応方策を検討することが可能になると考えられる。そこで,家庭系廃棄物をごみ袋単位で展開調査し,実査と多変量分析(主成分分析とクラスター分析の二つ)を用いて排出構造を明らかにすることを目的に研究を行った。その結果,多変量解析を用いて,ごみ袋内の食品廃棄物の状況を類型化し,「中間的特性型」「飽食管理型」「環境配慮排出型」「外食中心型」の4つに分類した。

著者関連情報
© 2013 一般社団法人 廃棄物資源循環学会
前の記事 次の記事
feedback
Top