知能と情報
Online ISSN : 1881-7203
Print ISSN : 1347-7986
ISSN-L : 1347-7986
ショートノート
歩行時の注視の空間分布における習慣的訪問者と初回訪問者との比較
長澤 朋哉野本 弘平
著者情報
キーワード: 視行動, 観光, 訪問経験
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 31 巻 1 号 p. 608-612

詳細
抄録

この研究は,歩行中の注視点空間分布について習慣的訪問者と初回訪問者との比較を行うものである.この注視点を計測するために,実験協力者に視線計測装置を装着した状態で街路を歩いてもらう実験を行った.その結果,習慣的訪問者に比べて初回訪問者の注視点は幅広く分布していることが分かった.また,習慣的訪問者は進行方向へ広がる空間へ視線が誘導され,初回訪問者は左右の開かれた空間へ視線が誘導されることを明らかにした.これは,初回訪問者は習慣的訪問者に比べて周囲空間の状況を把握しようと注視を分散させているためであると考えられる.

著者関連情報
© 2019 日本知能情報ファジィ学会
前の記事 次の記事
feedback
Top