日本口腔腫瘍学会誌
Online ISSN : 1884-4995
Print ISSN : 0915-5988
ISSN-L : 0915-5988
シンポジウム2:「口腔癌に対する免疫チェックポイント阻害剤投与の実際と腫瘍内科医との連携」
ニボルマブ投与における最適使用推進ガイドラインと腫瘍内科医との連携
桐田 忠昭
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 30 巻 4 号 p. 130-134

詳細
抄録

ニボルマブは,T細胞におけるPD-1リガンドの経路を阻害することで抗腫瘍免疫応答を再活性化するヒト型IgG4モノクロナール抗体である。本薬は,効果の発現形式や有害事象の特徴が従来の抗がん薬とは異なり,非特異的免疫反応が増強されることにより,今までの抗がん薬では未経験の副作用(免疫関連副作用:irAEs)が内分泌,呼吸器,消化管,皮膚,神経,筋など様々な部位で発現することがあり,irAEsの特徴を理解し,適切に管理することが非常に重要である。そのため,腫瘍内科医との連携が極めて重要になってくる。本薬の投与に関しての最適使用推進ガイドラインを再度周知願うとともに腫瘍内科医との連携の重要性について述べる。

著者関連情報
© 2018 一般社団法人 日本口腔腫瘍学会
前の記事 次の記事
feedback
Top