日本静脈経腸栄養学会雑誌
Online ISSN : 2189-017x
Print ISSN : 2189-0161
特集
化学療法に伴う味覚・嗅覚障害への対応
堤 理恵瀬部 真由別府 香名渡辺 涼乃尾平 優黒田 雅士阪上 浩
著者情報
ジャーナル フリー

2018 年 33 巻 4 号 p. 1019-1024

詳細
抄録

がんの化学療法中に味覚・嗅覚障害は頻繁に生じ、患者のquality of life(以下、QOLと略)だけでなく、体重低下や栄養状態の悪化を引き起こす深刻な副作用である。しかしながらこれまで確立された治療法や予防策はなく、食事内容や形態の工夫が主な対処法であった。味覚障害は薬剤による亜鉛のキレート化が原因であるとされているが、これに加えて味覚受容体遺伝子の発現変化や口腔粘膜障害の影響も報告されている。本稿では、化学療法中に生じる味覚・嗅覚障害の実態とともに、これに対する栄養的なアプローチを紹介する。

著者関連情報
© 2018 日本静脈経腸栄養学会
前の記事 次の記事
feedback
Top