Palliative Care Research
原著
遺族による終末期高齢患者の介護体験評価:認知症併存の有無での比較と関連要因
佐藤 一樹芹澤 未有宮下 光令木下 寛也
著者情報
ジャーナル フリー HTML

12 巻 (2017) 1 号 p. 159-168

詳細
本文(HTML形式) PDFをダウンロード (1207K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】終末期高齢者の介護体験の遺族評価を認知症併存の有無で比較し,関連要因を調べた.【方法】65歳以上のがん・心疾患・脳血管疾患・肺炎による死亡者の遺族を対象にインターネット調査を行った.終末期の介護体験はCaregiver Consequence Inventoryにより評価した.【結果】認知症併存群163名,非併存群224名の有効回答を得た.終末期の介護体験評価は,介護負担感,介護達成感,介護後の成長感の全ドメインで認知症併存の有無で有意差はなかった.認知症併存群での多変量解析の結果,患者に配偶者がなく,家族が頻回に付き添い,精神的健康状態が良好であると有意に介護達成感が高く,患者が高齢で,配偶者がなく,医師と患者が終末期について話し合い,家族に治療の希望があると介護を通した成長感は有意に高かった.【結論】終末期高齢者の介護体験評価は認知症併存の有無で同程度であった.

著者関連情報
© 2017日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top