Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
原著
大学病院の看護師のがん看護に関する困難感:2010年から2016年にかけての変化
越野 栞青山 真帆庄子 由美斎藤 明美大桐 規子畠山 里恵中條 庸子飯沼 由紀恵志田 智子門間 典子宮下 光令
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2019 年 14 巻 4 号 p. 259-267

詳細
抄録

東北大学病院でがん患者のケアに携わる病棟で働く看護師を対象とした無記名の自記式質問紙調査の「看護師のがん看護に関する困難感尺度」の回答分布について2016年と2010年の結果を比較した.2010年は512人に調査票を配布し,分析対象は356人であった(70%). 2016年は524人に調査票を配布し,分析対象は332人であった(63%). 2010年と2016年の調査と比較・検討した結果,知識尺度の正答率は,各項目で有意に上昇した(すべてp<0.05). 一方,自らの知識・技術に対する困難感では多く項目で有意に上昇し,システム・地域連携と看取りに対する困難感は有意に減少した(すべてp<0.05). 6年間で緩和ケア知識は上昇し,看取りおよび地域連携の困難感は減少した一方で,自らの知識・技術のうち,がん治療に関連した項目の困難感が上昇したことは,近年のがん治療の進歩や複雑さを反映しているのかもしれない.

著者関連情報
© 2019日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top