Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
総説
悪性脳腫瘍患者における終末期の症状・評価方法に関する調査:a scoping review
草場 正彦櫻井 卓郎角田 明子梅崎 成子村川 雄一朗
著者情報
キーワード: 悪性脳腫瘍, 終末期, 症状
ジャーナル フリー HTML

2020 年 15 巻 4 号 p. 277-284

詳細
抄録

近年,悪性脳腫瘍患者に対する終末期ケアの重要性が報告されている.終末期脳腫瘍患者と関わるうえで,患者の呈する症状を知ることは重要である.本研究の目的は,終末期脳腫瘍患者のデータ収集方法や評価時期,症状を調査することである.抽出された論文は7本であり,データ収集方法は診療録からの情報収集(4本),質問表(2本),電話での調査(1本)であった.評価時期は,死亡までの期間が46日から1週間前であった.患者の呈する症状は疾患特異的な症状と,終末期のがん患者が呈する一般的な症状に分類することができた.疾患特異的な症状である意識障害(4本),痙攣発作(7本),嚥下障害(6本),頭痛(6本)を報告した論文が多かった.終末期に近づくほど,嚥下障害の出現率は高くなった.以上より,データ収集方法や評価時期は先行研究ごとで異なり,終末期脳腫瘍患者は疾患特異的な症状を呈する可能性が高いことが示唆された.

著者関連情報
© 2020日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top