Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
症例報告
造血幹細胞移植後に発症したHHV-6脳脊髄炎による電撃痛にレベチラセタムが有効であった1症例
丸中 淳木村 好江西海 嘉能池垣 淳一
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2021 年 16 巻 2 号 p. 209-213

詳細
抄録

【緒言】造血幹細胞移植後に発症したHHV-6脳脊髄炎の症例を経験した.【症例】30代女性.臍帯血移植2週間後に,発作性の下肢の電撃痛・痒み・振戦・発汗と尿閉を生じた.プレガバリン,オピオイドを開始し,脳脊髄液中HHV-6DNA陽性の判明後,ホスカルネットが投与された.レベチラセタム1000 mg/日併用にて,電撃痛の強度・頻度ともに著明に減少した.経過中のせん妄と不安には,向精神薬により対症療法を行った.髄液中ウイルス陰性化の前より著明な傾眠となったが,レベチラセタム漸減中止後に意識清明となった.退院時の主症状は,肛門周囲のしびれを伴う痛みと痒みで,オキシコドン15 mg/日,プレガバリン225 mg/日,ロラゼパム0.5 mg/日で自制内であった.【考察】臍帯血移植後HHV-6脳脊髄炎に伴う間欠的な電撃痛にレベチラセタムは有効であった.

著者関連情報
© 2021日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top