Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
ISSN-L : 1880-5302
原著
放射線照射後1年以上が経過した頭頸部がんサバイバーの晩期有害事象と社会的困難との関連
源河 朝治 神里 みどり
著者情報
ジャーナル フリー HTML

2022 年 17 巻 3 号 p. 87-96

詳細
抄録

【目的】放射線療法後の頭頸部がんサバイバーにおける晩期有害事象と社会的困難との関連を明らかにする.【方法】照射後1年以上が経過した頭頸部がんサバイバーの症状を既存の疾患特異的QOL尺度の一部で評価した.分析は記述統計を行い,社会的困難と晩期有害事象および基本的属性との関連を検討した.【結果】対象者は73人(回収率70.8%)であった.晩期有害事象は口腔乾燥の有症率および重症度が最も高かった(79.5%).また,社会的困難は会食時の困難の有症率が最も高く(87.7%),会話困難の重症度が最も高かった.照射後5年以上経過した群は症状の重症度が高く,社会的困難と晩期有害事象には有意な正の相関がみられた.社会的困難は嚥下障害と唾液異常,手術歴と関連していた.【結論】頭頸部がんサバイバーは長期にわたり複数の晩期有害事象と社会的困難を有していた.今後は外来にて包括的なアセスメントとケアを行う必要がある.

著者関連情報
© 2022 日本緩和医療学会
前の記事
feedback
Top