Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
看取りの時期が近づいた患者の家族への説明に用いる『看取りのパンフレット』の有用性: 多施設研究
山本 亮大谷 弘行松尾 直樹新城 拓也宇野 さつき廣瀬 光松原 龍弘瀧川 千鶴子前野 宏佐々木 一義茅根 義和池永 昌之森田 達也
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 7 巻 2 号 p. 192-201

詳細
抄録

【目的】小冊子『看取りのパンフレット』を用いた終末期患者を看取る家族への説明の有用性を評価することを目的とした. 【方法】緩和ケア病棟5施設, 在宅ホスピス4施設, 緩和ケアチーム1施設で, 終末期患者の家族との面談時に小冊子を用いた説明を行い, 死亡後6カ月以上が経過した遺族に対して郵送法による質問紙調査を行った. 【結果】325名に調査票を発送し, 260名(回収率85%)から回答を得た. 81%が小冊子が「とても役に立った」「役に立った」と回答した. 家族の体験として, 「変化の目安になる」(84%), 「症状や変化がなぜ起きているのか分かる」(76%)などが挙げられた. 運用の工夫が自由記述から抽出された. 【結論】『看取りのパンフレット』は, 配布する時期を患者・家族ごとに検討し, 渡すだけではなく十分にコミュニケーションをとることに注意して運用することで多くの家族にとって有用であることが示唆された.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top