Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
短報
がん患者の栄養状態がフェンタニル経皮吸収性に及ぼす影響
平舩 寛彦高橋 宏彰千葉 健史菅原 敦子木村 祐輔工藤 賢三若林 剛高橋 勝雄
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 7 巻 2 号 p. 395-402

詳細
抄録

【目的】本研究では, がん患者の栄養状態とフェンタニル経皮吸収性との関連性について検討を行った. 【方法】栄養スクリーニングツールのMalnutrition Universal Screening Tool (MUST)およびNutritional Risk Screening 2002 (NRS2002)を用いてがん患者の栄養状態を危険度別に分類し, 各群のフェンタニル皮膚移行率(FE)を比較した. 【結果】対象患者24名のMUSTによる分類(低, 中, 高度群)では, 栄養危険度が高い患者ほどFEが低くなる傾向にあり, NRS2002による分類(低, 高リスク群)では, 高リスク群のFEは低リスク群に比べて有意に低かった. 【結論】栄養状態の変化は, FEに影響を及ぼす要因の1つとなることが示唆された. また, 栄養状態が低下している患者では, フェンタニル経皮吸収性が低下している可能性があると考えられた.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top