Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
胸腺がんの子宮転移による疼痛に対し塩酸リトドリンが著効した1例
杉浦 八十生井澤 菜緒子根本 悦夫信田 政子加勢田 靜井野元 智恵
著者情報
ジャーナル フリー

2012 年 7 巻 2 号 p. 530-536

詳細
抄録

症例は40歳代, 女性. 2011年3月, 胸部圧迫感を訴え, 胸部CTで前縦隔腫瘍, 両肺に多発結節を認めた. 2010年7月のCTでは病変はなく, 2011年1月の胸部X線写真でも明らかな病変は指摘できず, 急速な増大が考えられた. 既往歴に不正性器出血および月経困難症があった. 画像診断において, 骨転移, 子宮頸部および体部に複数の腫瘍が存在した. 前縦隔腫瘍および子宮腫瘍に対して針生検を施行し, 同一組織像であり, 胸腺未分化がん, 多発肺転移・子宮転移・骨転移と診断された. 急速に増大した胸腺未分化がんの子宮・骨転移に対する疼痛管理において, 骨転移に対してはオピオイドが有効だったが, 子宮収縮による内臓痛には無効であった. しかし, 子宮平滑筋への弛緩作用により塩酸リトドリンが著効した1例を経験したので報告する.

著者関連情報
© 2012 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事
feedback
Top