Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
症例報告
悪性腫瘍の脊髄圧迫神経症状に対するデキサメタゾン大量療法の有効性と副作用の検討
佐藤 将之宮森 正小柳 純子村瀬 樹太郎坂 祥平石井 信朗西 智弘山岸 正石黒 浩史
著者情報
ジャーナル フリー

8 巻 (2013) 1 号 p. 515-522

詳細
PDFをダウンロード (1200K) 発行機関連絡先
抄録

【目的】脊髄圧迫症状は, がん患者のQOLを大きく低下させる合併症である. 脊髄圧迫症状を合併した患者に対するデキサメタゾン大量療法の有効性や副作用についてレ卜口スペクティブに検討し, 報告した. 【症例】2009年5月から2011年9月までに当院でデキサメタゾン大量療法のみを, 脊髄圧迫症状を合併した8症例に対して行った. 【結果】放射線照射や外科的治療を併用できずデキサメタゾン大量療法のみを行った患者8例のうち, 徒手筋力テストの改善を4例(50.0%)に, 改良Frankel分類の改善を5例(62.5%)に認めた. デキサメタゾン大量療法のみで, 歩行不可能であった7例のうち1例(14.3%)が自力歩行での退院となった. 自験例では重篤な副作用はなかった. 【考察】放射線照射や外科的治療を受けることができない脊髄圧迫症状に対してのデキサメタゾン大量療法が神経症状を改善する選択肢として有用である可能性が示唆された.

著者関連情報
© 2013 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top