Palliative Care Research
Online ISSN : 1880-5302
原著
緩和ケア医を志す若手医師の教育・研修に関連したニーズ―質的研究の結果から
西 智弘森 雅紀松本 禎久佐藤 恭子上元 洵子宮本 信吾三浦 智史厨 芽衣子中野 貴美子佐藤 一樹下井 辰徳田上 恵太江角 悠太坂井 大介古川 孝広森田 達也
著者情報
ジャーナル フリー

8 巻 (2013) 2 号 p. 184-191

詳細
PDFをダウンロード (1088K) 発行機関連絡先
抄録

【背景】わが国における緩和ケアの需要は年々高まり, 緩和ケア医の養成は重要な課題である. しかし, 緩和ケア医を目指す若手医師が, 教育研修体制やキャリア構築などに対して, どのような満たされないニーズを抱えているかは明らかになっていない. 【目的】緩和ケア医を目指す若手医師が抱えるニーズを明らかにする. 【方法】卒後15年目までの医師を対象にグループディスカッションを中心としたフォーラムを行い「必要としているけれども十分に満たされていないことは?」などに対する意見をテーマ分析を用いて分析した. 【結果】40名の医師が参加した. 若手の抱えるニーズは, 「人手の確保」「研修プログラム・教育の質の担保」「ネットワークの充実」「緩和ケア医を続けていくことへの障害の除去」「専門医として成長する道筋の確立」であることが示された. 【結論】緩和ケア医を育成していくため, これら満たされないニーズの解決を議論していくべきである.

著者関連情報
© 2013 日本緩和医療学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top