J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

社会学評論
Vol. 55 (2004-2005) No. 3 P 298-313

記事言語:

http://doi.org/10.4057/jsr.55.298

  • Feinberg, Joel, 1995, “Wrongful Life and the Counterfactual Element in Harming, ” Freedom andFulfillment, New Jersey : Princeton University Press, 3-36. (=1996, 末吉康幸訳「失当な生存と加害における反事実的要素」「生命・環境・科学技術倫理研究資料集 続編』千葉大学, 29-38.)
  • 丸山英二, 1995, 「アメリカにおける先天性障害児の出生と不法行為責任」, 唄孝一・石川稔編『家族と医療-その法学的考察』弘文堂, 171-88.
  • 三浦俊彦, 1999, 「文明の終焉と非同一性問題-「世代」「種」を超える倫理へ」 (http : //members.jcom.home.ne.jp/miurat/shuen.htm, 2004.10.12).
  • 宮崎哲弥, 2001, 「『父』なき社会のフェミニズム」『大航海』39 : 123-31.
  • 中澤務, 2001, 「ロングフル・ライフ訴訟と非同一性問題」『現代倫理学論集』北海道大学大学院文学研究科哲学倫理学研究室, 43-56.
  • 本田まり, 2003a, 「《Wrongful life》訴訟における損害 (1) -フランス法を中心として」『上智法学論集』46 (4) : 63-90.
  • 本田まり, 2003b, 「《Wrongful life》訴訟における損害 (2・完) -フランス法を中心として」, 『上智法学論集』47 (1) : 118-30.
  • Nozick, Robert, 1974, Anarchy, State, and Utopia, New York : Basic Books. (=1995, 嶋津格訳『アナーキー・国家・ユートピア』木鐸社.)
  • Parfit, Derek, 1987, Reasons and Persons, Oxford : Oxford University Press. (=1998, 森村進訳『理由と人格』勁草書房.)
  • 高蔦英弘, 1999, 「先天性障害児の出生と不法行為責任 (wrongful birth, wrongful life) 」 (http : //www.kyoto-su.ac.jp/~takasima/rejume3.html, 2004.10.12).
  • Williams, Bernard, 1973, Problems of the Self, Cambridge : Cambridge University Press.
Copyright © 日本社会学会

記事ツール

この記事を共有