コンピュータ ソフトウェア
Print ISSN : 0289-6540
λμ計算のモデルについて
藤田 憲悦
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2003 年 20 巻 3 号 p. 285-291

詳細
抄録

カリー・ハワード同型を古典論理にまで拡張することにより,M.Parigotは古典論理の証明項を表現する体系としてλμ計算を導入した.本論文では,万能的な計算モデルの観点から,タイプフリーのλμ計算でもD. Scott流の外延的モデルが存在することを示す.そのために,(η)規則も妥当とするCPS変換を導入する.そして,D × D ≅ D ≅ [D → D]を満たす任意の領域Dから外延的λμモデルを構成する.さらに,合流性やC-monoidsとの興味深い関係についても論じる.

著者関連情報
© 2003 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事
feedback
Top