コンピュータ ソフトウェア
オートマトン理論再考
新屋 良磨
著者情報
ジャーナル フリー

34 巻 (2017) 3 号 p. 3_3-3_35

詳細
PDFをダウンロード (790K) 発行機関連絡先
抄録

オートマトンは最も単純な計算のモデルである.その単純さゆえに初学者にとっても理解しやすく,情報系の学部においては「計算理論」や「形式言語理論」などの講義はまずオートマトンから教え始めることが標準となっている.一方,その単純さゆえに理論的な深みやさらなる研究の余地がないと誤解されることもしばしばあり,また,講義や解説書においても応用的な需要からかより強力な計算モデルに重きが置かれることも多い.
本サーベイではオートマトン理論の基礎から始め,三話構成でオートマトン・形式言語理論の様々な定理を解説していく.解説する定理の中には,オートマトン理論における古典的な結果に別の視点を新たに与えるものもあれば,オートマトン・形式言語理論と関わりのなさそうな分野との意外な繋がりを見せるものもある.オートマトン理論に習熟している方にも楽しんでもらえるよう,最近の結果や話題についても内容に盛り込んだ.

著者関連情報
© 2017 日本ソフトウェア科学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top