水環境学会誌
Online ISSN : 1881-3690
Print ISSN : 0916-8958
研究論文
抗菌医薬品の流入が二段式膜分離活性汚泥法における処理機能へ与える影響
浦瀬 太郎筒井 裕文稲生 武士陳 浩楊
著者情報
ジャーナル フリー

40 巻 (2017) 3 号 p. 107-114

詳細
PDFをダウンロード (1462K) 発行機関連絡先
抄録

生物処理機能に悪影響を与えるほど高濃度で廃水中に医薬品が含まれることは稀であるが, 抗菌薬服用者のし尿のみを処理する小規模浄化槽では生物処理機能への影響が生じる可能性がある。本研究では, 分解の遅い医薬品成分までをゆっくりと分解することを目指した二段式膜分離活性汚泥法において, わが国でも使用量の多い抗菌医薬品であるレボフロキサシン (LVFX) およびクラリスロマイシン (CAM) が流入した場合の生物処理機能への影響を調べた。LVFX 5 mg L-1の添加, あるいは, CAM 2 mg L-1の添加により, 40%以上硝化が抑制され, また, 毎日の膜洗浄が必要なほどの膜目詰まりが生じた。また, こうした悪影響は, 抗菌薬の添加開始より遅延して生じ, 添加を中止しても回復しなかった。この原因として, 活性汚泥による抗菌薬の吸着緩衝作用が重要であることが示唆された。

著者関連情報
© 2017 公益社団法人 日本水環境学会
次の記事

閲覧履歴
前身誌

水質汚濁研究

feedback
Top