日本獣医師会雑誌
Online ISSN : 2186-0211
Print ISSN : 0446-6454
キャテリーにおける皮膚糸状菌症の発生
安藤 純澤田 努永田 雅彦
著者情報
キーワード: , 真菌培養
ジャーナル フリー

1997 年 50 巻 6 号 p. 341-343

詳細
抄録

26頭飼育のキャテリーにおいて14頭に発疹が認められ, 全頭からMicrosporum canisが分離された. イトラコナゾール経口投与とクロルヘキシジンシャンプーによる薬浴を全頭に行い, 各室間の移動を禁止し, 掃除機による徹底的な清掃, クロルヘキシジン消毒, 抗菌スプレーの散布を行つたところ, 3週後に発疹は消退し, 14週以降はマッケンジーブラシ法による真菌培養陰性となった. しかし, 集塵器を用いた真菌培養を全頭について実施したところ, 26頭中4頭が陽性を示したので, 陽性猫を隔離し, 全身勇毛とともに同様の治療を継続したところ, 治療開始後20週以降真菌培養は陰性となった.

著者関連情報
© 社団法人 日本獣医師会
前の記事 次の記事
feedback
Top