可視化情報学会誌
Online ISSN : 1884-037X
Print ISSN : 0916-4731
ISSN-L : 0916-4731
特集記事
高速度カメラを使用した最新の可視化技術の動向について
伊藤 雅利大沼 隼志桑原 譲二
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2017 年 37 巻 145 号 p. 32-34

詳細
抄録

高速度カメラが市場に登場してから既にかなりの年月が経過しており,近年では市販のデジタルカメラにも高速撮影機能が搭載されるようになった.その普及に伴って,単なるスローモーションの撮像装置ではなく,撮影した画像から様々な物理量を計測するための計測器としての役割も果たすようになってきた.特に,近年は実実験の代わりに数値シミュレーションを多用するようになってきており,その計算モデルの信頼性確保のためにも実実験画像から多くの物理情報を取得できることが求められている.本稿では,通常の高速度カメラを使用したいくつかの可視化事例と、光の偏光成分を利用した「偏光高速度カメラ」による可視化事例を紹介する。

著者関連情報
© 2017 社団法人 可視化情報学会
前の記事
feedback
Top