木材学会誌
Online ISSN : 1880-7577
Print ISSN : 0021-4795
カテゴリーI
階層ベイズモデルを用いた丸太の天然乾燥における乾燥時間の推定および丸太の諸形質が乾燥性に及ぼす影響の評価
渡辺 憲高麗 秀昭小林 功柳田 高志鳥羽 景介三井 幸成
著者情報
ジャーナル フリー

63 巻 (2017) 2 号 p. 63-72

詳細
PDFをダウンロード (1411K) 著者にメールを送る 発行機関連絡先
抄録

燃料用木質チップとしての使用を目的とした丸太の天然乾燥において,乾燥時間の推定法,および丸太の諸形質が乾燥性に及ぼす影響について検討した。2014年11月から2015年8月にかけて茨城県つくば市にてスギ丸太の天然乾燥試験を実施した。乾燥期間中の含水率を初期含水率,直径,長さ,心材率および乾燥時間の関数として表現し,階層ベイズモデルによって丸太の個体差を考慮した乾燥曲線モデルを構築した。このモデルを用いて丸太の平均含水率を推定した結果,実測値は乾燥曲線とほぼ一致し,任意の含水率に対して乾燥時間を推定できる可能性が示唆された。また,丸太の乾燥性に影響を及ぼす要因を総合的に評価したところ,初期含水率,直径および長さが丸太の乾燥性に影響を及ぼしていることが示された。

著者関連情報
© 2017 一般社団法人 日本木材学会
次の記事

閲覧履歴
feedback
Top