木材学会誌
Online ISSN : 1880-7577
Print ISSN : 0021-4795
ISSN-L : 0021-4795
カテゴリーIII
加工に伴う見た目の変化を考慮した幅はぎ集成材の不均一さの予測
山口 穂高藤巻 吾朗仲村 匡司
著者情報
ジャーナル フリー

2021 年 67 巻 1 号 p. 50-59

詳細
抄録

木製天板などに用いられる幅はぎ集成材の柄合わせ工程は職人の手作業に頼っており,数値化が求められている。本研究では,柄合わせ後の視覚的な不均一さを塗装前に測定したエレメントの特徴量から説明することを試みた。まず,個々のエレメントに切削,研磨,および塗装を施した際の画像解析を行った結果,塗装後の明暗とコントラストは切削後の値から十分予測できることが明らかとなった。次に,参加者による柄合わせパターンの作成実験を行い,得られた60種類を多重解像度コントラスト解析と主成分分析に供し,さらにクラスター分析によって分類した。その結果,柄合わせにはエレメント間コントラストが最重要であることが示唆され,このエレメント間コントラストは隣接するエレメントの明暗の差によって精度よく説明することが可能であった。したがって,塗装後の幅はぎ集成材の視覚的な不均一さは塗装前のエレメントの明暗から予測できる可能性がある。

著者関連情報
© 2021 一般社団法人 日本木材学会
前の記事 次の記事
feedback
Top