溶接学会全国大会講演概要
平成24年度春季全国大会
セッションID: 305
会議情報

フェーズフィールド法を用いた炭素鋼の結晶粒成長挙動の予測
HAZ粒成長挙動予測手法の開発(第1報)
*藤山 直人小薄 孝裕関 彰平田 弘征小川 和博
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

HAZ靭性改善手法として、ピン止め効果によるHAZ細粒化や粒内変態による破壊単位の微細化がよく知られている。一方、昨今のコンピュータの発展に伴い、フェーズ・フィールド法を用いた粒成長シミュレーションに関する研究が多く行われている。本研究ではHAZでの粒成長挙動を予測する手法を開発するために、フェーズ・フィールド法の汎用ソフトウェアであるMICRESSを用いて、HAZでの単純結晶粒成長挙動シミュレーションへの適用性を検討した。

著者関連情報
© 2012 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top