溶接学会全国大会講演概要
平成26年度秋季全国大会
セッションID: 432
会議情報

改良型深孔穿孔法の計算手法と評価
高精度板厚内部残留応力測定法の開発
*永井 卓也江口 法孝中野 利彦河合 真二新堂 正俊山本 憲吾北野 萌一菅 哲男
著者情報
キーワード: 深孔穿孔法, 残留応力, 厚板
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

改良型深孔穿孔法は、三次元応力状態及び塑性変形を考慮した評価式を用いており、従来法(DHD法)に比べ精度が向上している。この改良型深孔穿孔法とひずみゲージ切断法で、板厚100 mmの溶接試験体の残留応力を実測し、比較・検討を行った。その結果、両者の値は概ね一致することを確認した。

著者関連情報
© 2014 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top