溶接学会全国大会講演概要
平成28年度春季全国大会
セッションID: 305
会議情報

EBSD法による微視的残留応力測定手法の特性に関する検討
*三上 欣希小田 和生釜谷 昌幸望月 正人
著者情報
会議録・要旨集 認証あり

詳細
抄録

EBSD法による結晶粒レベルの微視的応力測定手法が提案されている.応力腐食割れや疲労の初期段階の微視的な応力場を明らかにするために活用可能であると期待されるが,応力算出の基準となる点を決定する必要があり,その選択基準は明確ではない.測定結果に及ぼす基準となる点の選択の影響を検討した.

著者関連情報
© 2016 社団法人 溶接学会
前の記事 次の記事
feedback
Top