土木学会論文集B2(海岸工学)
Online ISSN : 1883-8944
Print ISSN : 1884-2399
ISSN-L : 1883-8944
論文
震災漂流物の漂流推定手法と津波火災の発生推定手法の開発
富田 孝史千田 優
著者情報
ジャーナル フリー

2016 年 72 巻 2 号 p. I_421-I_426

詳細
抄録

 本研究は,津波が原因となって発生する家屋がれきや船舶等の漂流挙動と津波が原因となる火災いわゆる津波火災の発生・延焼を推定可能とする手法の開発を目的に実施した.がれきの漂流に関する水理模型実験を実施し,開発したがれきや船舶等の漂流挙動を推定する数値計算モデル(漂流物モデル)の妥当性や精度を検証した.この漂流物モデルに,既存の油漂流モデルおよび新たに開発した火災発生モデルを総合することにより津波火災の発生・延焼を計算可能な津波火災モデルを構築した.津波火災モデルを使った現地適用計算を実施し,現地地形において津波火災を推定することが可能であることを示した.特に,押し波後の引き波により,火のついたがれきが海上に拡がる現象が計算できた.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人 土木学会
前の記事 次の記事
feedback
Top