化学工学論文集
Online ISSN : 1349-9203
Print ISSN : 0386-216X
ISSN-L : 0386-216X
移動現象,流体工学
大型翼の撹拌所要動力に対する液高さの影響
加藤 禎人安井 伸浩古川 陽輝南雲 亮
著者情報
キーワード: 撹拌, 混合, 動力数, 相関式, 大型翼
ジャーナル 認証あり

2016 年 42 巻 6 号 p. 187-191

詳細
抄録

日本の撹拌機メーカーによって開発された種々の大型2枚パドル翼の撹拌所要動力における液深さの影響を検討した.マックスブレンドおよびフルゾーン翼は翼上端部の高さbと液面高さHが同じ程度(H=b)で操作するよりも液面高さが大きい場合(H=1.3b程度)の方が混合性能が良かった(Kato et al., 2015).そこで,前報(Kato et al., 2012)で提案した動力相関式を修正し,液面が変化した場合にも対応可能な動力相関式を作成した.

著者関連情報
© 2016 公益社団法人化学工学会
前の記事 次の記事
feedback
Top