日本東洋医学雑誌
東洋医学の広場
80大学医学部における漢方教育の現状
今津 嘉宏金 成俊小田口 浩柳澤 紘崎山 武志
著者情報
ジャーナル フリー

63 巻 (2012) 2 号 p. 121-130

詳細
PDFをダウンロード (513K) 発行機関連絡先
抄録

背景:モデル・コア・カリキュラムに「和漢薬を概説できる」の一項目が追加され,漢方医学教育が採用された。
目的:2007年から漢方医学教育は全国80の医学部全てで行われている。その現状を把握し,大学における漢方医学教育の問題点や,今後漢方専門医等学会に課せられた問題のヒントを得ることを目的に,アンケート調査を行なった。
方法:日本東洋医学会渉外委員会は,全国80大学の漢方教育に関するアンケート調査を郵送で実施した。
結果:80施設中67施設から回答(回収率83.8%)を得た。漢方医学が医療にとって必要(91%),教育成果の評価のために試験実施(77%),教員養成を行っている(46%)などの結果を得た。
結論:卒前の漢方医学教育カリキュラムの充実と,標準化,臨床実習の整備が必要である。今後は卒後教育の確立が必要と考えられた。

著者関連情報
© 2012 一般社団法人 日本東洋医学会
前の記事 次の記事

閲覧履歴
feedback
Top