J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

肝臓
Vol. 53 (2012) No. 2 P 117-130

記事言語:

http://doi.org/10.2957/kanzo.53.117

特別寄稿

B型肝炎ワクチンは諸外国では乳児期に全員が接種を受けるユニバーサルワクチンである.しかしながら我が国では任意接種(セレクティブワクチネーション)となっており,母児感染防止の場合のみワクチン接種が健康保険でカバーされている.
こうしたセレクティブワクチネーションのみでは我が国のB型肝炎を制圧することは困難である.
本稿では平成23年6月2日に第47回日本肝臓学会(小池和彦会長)において行われたワークショップ「B型肝炎universal vaccinationへ向けて」の内容を紹介しながら,ユニバーサルワクチネーションに関してまとめてみたい.

Copyright © 2012 一般社団法人 日本肝臓学会

記事ツール

この記事を共有