J-STAGE トップ  >  資料トップ  > 書誌事項

肝臓
Vol. 53 (2012) No. 9 p. 541-548

記事言語:

http://doi.org/10.2957/kanzo.53.541

原著

C型肝炎ウイルスによるC型慢性肝炎から肝癌発生にはウイルス側と宿主側の因子が関与していると考えられる.ウイルス側の因子としてはコア蛋白70番目および91番目のアミノ酸変異が報告されている.今回我々は,C型慢性肝炎時より肝癌発生まで平均7年以上経過を追えた49例の症例と,同時代に経過観察が可能でかつ肝癌を発生しなかった症例50例を対象にこれらコア蛋白のアミノ酸多様性の違いを明らかにすると同時に,肝癌発生前後での多様性の変化につき検討した.その結果,コア蛋白70番目のアミノ酸変異が肝癌発生に関与しているが,91番目のアミノ酸は関与していないことが示唆された.また,肝癌発生群にて肝癌発生前後におけるコア蛋白アミノ酸の多様性の変化は少なく,この領域は極めて保存性が高いと考えられた.多変量解析ではコア蛋白70番目のアミノ酸Glnとαフェトプロテイン(AFP)値が有意に肝癌と関連していた.

Copyright © 2012 一般社団法人 日本肝臓学会

記事ツール

この記事を共有