風工学シンポジウム論文集
第25回風工学シンポジウム論文集
セッションID: 4
会議情報

複雑地形上でのドップラーライダによる上層風の計測精度
*岸田 岳士佐藤 歩瀧本 浩史小野 浩己
著者情報
会議録・要旨集 フリー

詳細
抄録

ドップラーライダの計測精度に関する研究はこれまでに多く報告されている。しかしながら,同時観測により計測精度を検討した例は少なく,特に、複雑地形を対象とした検討事例はほとんどない。本研究では、複雑地形上で3種類の異なる機種のドップラーライダによる同時観測を実施し、計測精度の機種による違いについて検討した。その結果、ドップラーライダにより観測した上層風はレーザー発射角などの条件が同等であれば複雑地形上でも同じ結果になることがわかった。一方、レーザー発射角の条件が同等でない場合には,風向や観測高さにより異なる計測結果となることがわかった。周辺地形が観測点周辺の気流に与える影響を検討するために数値モデルにより予測した。周辺地形の影響で風速の変化が大きくなる場合に,ドップラーライダの計測結果が機種により異なる結果となることを示した。

著者関連情報
© 第25回風工学シンポジウム運営委員会
前の記事 次の記事
feedback
Top