交通科学
Online ISSN : 2435-2365
Print ISSN : 0288-1985
速度超過運転習慣尺度の構成
東 正訓
著者情報
研究報告書・技術報告書 オープンアクセス

2020 年 50 巻 1 号 p. 49-57

詳細
抄録

本研究の目的はドライバーの速度超過運転の習慣強度を質問紙法によって測定する尺度(SHS) を構成することである.種々の習慣に利用可能なVerplanken&Orbel(2003)のSRHIを速度超過運転習慣の強度測定用に修正・変更した.18歳~68歳のドライバーを対象にしたインターネット調査データを分析した結果,非常に高い内的整合性信頼性係数及び中程度の再検査信頼性係数(2カ月間隔)を得た.SHSと関連が予想される変数との相関分析も整合的な結果であった.クラスター分析で得られた最も習慣強度が強い群は,最も違反回数が多かった.SHSは研究用だけでなく,ドライバーのアセスメントツールとしても有用であると考えられる.

著者関連情報
© 2020 一般社団法人 交通科学研究会
前の記事
feedback
Top