コンピュータ&エデュケーション
Online ISSN : 2188-6962
Print ISSN : 2186-2168
ISSN-L : 2186-2168
実践論文
初期UNIXとC言語を用いたOSおよびプログラミング支援教育
―ICT教育における温故知新―
石井 充鷹合 大輔
著者情報
キーワード: UNIX, C言語, 初期, K&R以前
ジャーナル フリー

2019 年 47 巻 p. 49-54

詳細
抄録

 情報工学科におけるICT教育において,OSとプログラミングは重要事項である。現在,これらの内容を教育する際には,UNIXやC言語といった,長い歴史を有し高度に発展したものを用いることが多いが,これらは完成度が高いがゆえに理解が困難になっている側面がある。本稿では,こういった問題を克服する取り組みとして,1970年代に実際に現場で使われたOSとプログラミング言語であるUNIX第一版と初期のC言語を用いた教育を紹介する。これらを通じて,学生は,現在は複雑化したUNIXやC言語も当初は簡素なものであったことを理解し,ある程度の親しみを感じると同時に,現在のOSやC言語の有用さを感じることができるようになったことを示す。

著者関連情報
© 2019 一般社団法人CIEC
前の記事 次の記事
feedback
Top