高分子論文集
Online ISSN : 1881-5685
Print ISSN : 0386-2186
総合論文
細胞導入を制御可能な刺激応答性高分子を用いたナノキャリアの開発
山之内 翔勝山 直哉蛭田 勇樹綾野 絵理金澤 秀子
著者情報
ジャーナル 認証あり

2018 年 75 巻 2 号 p. 116-127

詳細
抄録

ドラッグデリバリーシステム(DDS)は,長時間にわたって薬剤を治療有効濃度に保つことや,副作用を低減させる技術であり,体内での薬の徐放,病態組織への局所的輸送を制御するシステムである.筆者らは,外部からの温度刺激に鋭敏に応答して相転移するpoly(N-isopropylacrylamide)を基本骨格とした刺激応答性高分子をナノキャリアに応用することで細胞導入や薬の放出制御を達成してきた.本報では,温度およびpHに応答して相転移を示し,細胞導入を制御できる高分子の設計,それらをミセル,リポソームに導入することで,抗がん剤やsiRNAのDDS応用に関し,筆者らの最近の研究成果を中心に紹介する.

Fullsize Image
著者関連情報
© 2018 公益社団法人 高分子学会
前の記事 次の記事
feedback
Top