関東東山病害虫研究会報
Online ISSN : 1884-2879
Print ISSN : 1347-1899
ISSN-L : 1347-1899
病害の部
スタンドアローン型栽培支援装置「クロップナビ」による葉いもちの発生予察
和田 美佐武田 和男鈴木 剛伸山下 亨新井 利直山崎 研一
著者情報
ジャーナル フリー

2009 年 2009 巻 56 号 p. 5-7

詳細
抄録

温度,葉面湿潤,降水センサーと解析用コンピュータを装備した栽培支援装置「クロップナビ」を開発した。クロップナビは,作物に近接した環境を測定して葉いもちの感染好適条件を判定し,結果を本体の液晶上に表示するため,圃場において判定結果を得ることができる。クロップナビを圃場に設置し,判定結果と葉いもちの発生推移を比較したところ,おおむね適合したことから,クロップナビは防除の要否や防除時期を判断する上で有用な情報を提供できると考えられた。

著者関連情報
© 2009 関東東山病害虫研究会
前の記事 次の記事
feedback
Top