計量国語学
Online ISSN : 2433-0302
Print ISSN : 0453-4611
解説
社会言語学的調査の状況
言語行動に関する日韓対照研究を中心に
河 正一
著者情報
ジャーナル オープンアクセス

2019 年 31 巻 8 号 p. 572-588

詳細
抄録

本稿では,言語行動に関する日韓対照研究のうち,研究対象として多く取り上げられてきた敬語,呼称,依頼,謝罪,ほめ,断り,不満を中心に研究動向を概観し,今後の課題と展望について述べた.日韓対照研究では,様々な観点から社会言語学的調査が行われてきたものの,調査対象となる言語行動のストラテジーに焦点が置かれた研究が多かった.今後,言語行動の全体をトータルで捉え,言語行動の動機付けとは何かという観点からポライトネスだけでなく,インポライトネスも視野に入れて分析していくべきである.

著者関連情報
© 2019 計量国語学会
前の記事
feedback
Top